テレビ・PC 快適化

テレビ・PC 快適化計画 ONKYOアンプ SA-205HDX

Img_0601

ONKYO製アンプ SA-205HDX

テレビ音声を外部スピーカーで聞くのに便利な一品。テレビのリモコンでアンプの操作ができるのがいい。

Img_0597

テレビはREGZA。リモコンで音声ボタンを押すと、「AVシステム 音量」の表記が出る。アンプに音量アップの信号が伝わりボリュームが上がる仕組みになっている。

Pb250014

BOSEのスピーカー101MM。残念ながらこの品はすでに製造中止。

最近のテレビは画質は良くなったが音質は低下の一途。外部スピーカーに変えると、オーディオに疎いわたしでも、「こんなに音が変わるのか!」 と思うほど、まったく違う。

テレビのリモコンでアンプの操作をするには、テレビ側に「ARC機能」の備わったHDMI入力端子、または音声用の光出力端子が必要。

テレビとアンプのメーカーが違うので、相性などもあると思うけど、REGZAでは大成功。他メーカーのテレビで、成功例・失敗例のある方は、ぜひ教えてください。

Amazonさん、いい品揃えされています
[Amazon]マルチメディアに強いONKYOのAVアンプ

もし売り切れていたら、こちらで
[Yahooショッピング]ONKYOアンプ 

ご訪問ありがとうございます。こちらのクリックもお願いします

テレビ放送されたドラマをネット配信で見る

「フリーター家を買う」最終回の録画を撮り忘れたので、インターネットの フジテレビオンデマンド で見ることにした。

最近放映される主なドラマは、ほぼ放送直後からパソコンのメディアプレイヤーで見ることができる。フジテレビ以外では、TBSオンデマンドテレ朝動画日テレオンデマンドがある。料金は物にもよるけど1時間ドラマが315円くらい。

よく一部の人が「地デジのテレビなんていらない」なんて言うのは、この仕組みがあるからだ。確かに、地上波の全部のドラマやニュースをネットで見ることができれば、放送局が決めた時間に振り回されることはない。

快適化計画で、快適になったうちのパソコン画面はREGZA、音声はデジタルアンプ(ONKYO製SA-205HDX)を通してオーディオにつながっているので ネット配信でも見た目はテレビ放送と何ら変わらない。

前置きが長くなったけど、早速「フリーター家を買う」の最終回を見よう。フジテレビオンデマンドのサイトを探せば簡単に見つかる。

1

代金は、1話づつ購入するのが315円。見逃しお助けパックだと1575円で全10回を自由に見ることができる。クレジットカードも使えるけど、docomoのDCMXが簡単。画面から携帯のメアドを入力して電話機で承認をする。こうしておけばメアドさえ入れれば、他のパソコンでも購入した回を見ることができる。

2

そういうわけで見ました。感想は、あまりにも予想通りすぎる結末で・・・、まあいいか。

ところで、ネット配信の方が音が良いような気がしたので、試しに、西野カナの歌っているテーマソングのところを、前週のテレビ録画と比較してみた。やっぱりネット配信の方が音質が抜群に良い。元々の音源が違うのか、テレビとパソコンの違いなのかは、よく分からない。いつか調べてみよう。

ご訪問ありがとうございます。こちらのクリックもお願いします

[PR]
[Amazon]玄人志向 グラフィックボード nVIDIA GeForce 210 512MB DDR2 PCI-E RGB DVI HDMI LowProfile対応 GF210-LE512HD
パソコンにHDMI端子を付ければ、ネット配信でもテレビ放送と同じように見ることができます!

[Amazonギフト]お正月 お年玉からお年賀のギフトまで
お正月にまだ間に合う! テーブルゲーム、トランプ、百人一首もあります 

テレビ・PC 快適化計画 まとめ

TV、PC、ケーブルテレビやゲーム機の音声が、全てオーディオ、BOSEスピーカーで鳴るようになり、オーディオのボリューム操作やビデオも、これらの切り替えも、全部テレビのリモコンで操作できるようになりました。

パソコンはメディアプレイヤーを使っているのでマウスが必要、これはコードレスマウスで対応です。まぁ、総じて快適な環境です。

何よりもREGZAとアンプが、ARC接続できることですね。テレビのリモコンでアンプのオンオフやボリューム調整ができるのは、このARCの機能です。(REGZA以外は未確認)

それから、テレビに、PC・ケーブルTV・ポータブルHDDのビデオ・ゲーム機などの周辺機器を、全部直接接続できたことも。それだけの数の端子がREGZA に付いているのが、なんともすごいです。これでテレビのリモコンだけで切り替え可能です。(下に書いてますが、一部仕様外。できるかどうかは自己責任で)

【テレビ 東芝REGZA 42Z】
HDMI入力1・・・・アンプのHDMI出力(ARC接続)
HDMI入力2・・・・PCのグラフィックカード
HDMI入力3・・・・ケーブルテレビアダプタ
アナログ入力・・・ゲーム機
USB端子・・・・Buffaloハードディスク

【アンプ ONKYO SA-205HDX】
HDMI入力には何も無し
HDMI出力・・・・・テレビのHDMI入力1(ARC接続)
メインスピーカー・・・・BOSE101MM

【PC HP製 Pentiam4 XP 型番不明】
ビデオカード・・・テレビのHDMI入力2
他に無線LANアンテナ、ウォークマン端子

さて、実は、ここまでは説明書をほとんど読まずつないでしまいました。そして、わたしにしてはめずらしくアンプの説明書を読むと、意外なことが書いてありました。なんと、「テレビとアンプをARC接続するのなら、他のHDMI機器はアンプのHDMI端子を使用しろ・・・」、そんな意味のことが書かれています。

あらら、ここまでやってきたことを、説明書が真っ向から否定です。

そんなことしたら、機器切替えにアンプのリモコンが必要じゃないですか。それは快適じゃないのでイヤです。REGZAのHDMI端子につなげば、何の問題もなく快適に切り替えできてるのに。(ちなみに、その場合はアンプのリモコンでテレビの操作ができるらしいです。試していませんが)

・・・これは素人の想像ですが、テレビによっては、ARC接続されたアンプに周辺機器の音声を出していないのだろうと思います。いずれにしても、うちのREGZAでは何の問題もありませんので、そのまま使用しています。

(仕様外のお試しは、自己責任にてお願いします)

Pb250009

[Amazon]液晶テレビ  REGZAもあります
この記事でご紹介したテレビのリモコンでアンプを操作したり、その逆を行う場合は、テレビにARC機能が必要です。


[Amazon]玄人志向 グラフィックボード
(リンク先は最新の商品検索)

ご訪問ありがとうございます。こちらのクリックもお願いします

テレビ・PC 快適化計画 HDMI接続でテレビから音が出ない

グラフィックボードからのデジタル音声は出ないが、ヘッドフォン端子経由で音が出せるので、Youtubeを見たり、MP3変換したCDアルバムの再生はできるようになった。考えるのも面倒なのでそのまま使っていたある日のこと、子どもが「パソコンの音が全く出なくなった」と言う・・・・・。自分でパソコンのスイッチ入れたとのことなので、きっと、子どもにやさしくないWindowsのメッセージが出て、「はい」を押して設定が変わっちゃったんだろう。

仕方ない、やっぱりデジタル音が出ない原因を調べるか・・・・・・

NVIDIA製のサウンド機能の付いたグラフィックボードは、ディスプレードライバをインストールするとサウンドドライバー「NVIDIA High Definition Audio」が、勝手に入るようになっている。しかし何故か、どうしてもサウンドドライバーが入らない。無理やり、サウンドドライバーだけインストールしても入らない。

調べてみると、WindowsXPで「High Definition Audio」を使うためには、修正パッチ(KB888111)を自分で入れることが必要だと分かった。・・・・・これ位、WindowsUpdateで勝手に入れて欲しい! 仕方なく、手動でダウンロードしてパッチを当てた。

ちなみに、XPがSP2だと修正パッチはそのままあてられる。幸いSP2だったので、そのままあてた。SP3の場合は少し小細工が必要。KB888111で検索すればたくさん出てくる。SP4は調べていないけどおそらくパッチは必要ない。

Windows Server 2003、Windows XP および Windows 2000 用のユニバーサル オーディオ アーキテクチャ (UAA) HD オーディオ クラス ドライバのバージョン 1.0a について

Pb250002

パソコン再起動してオーディオドライバの画面を開くとすでにドライバが入っていた。それと、PCの音がとても綺麗になった。どうやら、デジタル音声に切り替わったようだ。YoutubeやU-Streamも、公共電波のテレビ放送と同じようにテレビに映り、同じように音が出るようになった。

説明書は読まずにここまでやりましたが・・・・、

快適化計画はまだ続きます。

ディスクトップパソコンにHDMI出力端子を付ける部品

[Amazon]玄人志向 グラフィックボード
(リンク先は最新の商品検索)

[Amazon]マルチメディアに強いONKYOのアンプ

ご訪問ありがとうございます。こちらのクリックもお願いします

テレビ・PC 快適化計画 PCグラフィックボード編

※この記事は2014年1月現在で販売されている製品を踏まえて書きなおしました。

数世代前のPC、ペンティアム4、WindowsXP。以前はテレビをディスプレー代わりにして使用していた。D-sub、VGAとかRGBとも呼ばれる逆台形をした水色の一般的なディスプレー端子でつないでいたが、買い替えたテレビREGZAにはD-sub入力端子は無い。接続できなくて、このPCは眠っていた。

Pb272483

今回ミニコンポを廃却するので、代わりのCDプレイヤーが必要になった。デジタルアンプも活かしたいので、このPCをプレイヤーに使うことにした。PCの中には、レンタルCDをMP3に変換したファイルもたくさん貯まっているので、ミュージックプレイヤとして調度良い。

さらに、YoutubeやU-STREAM、TBSやフジテレビの「オンデマンド」を見る時も、REGZAの42型テレビで、ハイビジョンで見たい。

考えれば考えるほど、このPCが調度良いので、CD、MP3ミュージックと、DVD、YouTube、U-STREAM動画やオンデマンドのプレイヤーとして使うことにした。

さて、そのためにはD-sub出力しかないパソコンと、HDMI入力しかないREGZAをハイビジョン映像を見ることができるように繋がないといけない。

アナログの「D-sub」と、デジタルの「HDMI」の変換ケーブルなんて無いだろうし、もしあっても高額で、更に音声は別にアナログ接続しなきゃいけない。それよりも、パソコンにHDMIの付いたグラフィックボードを付けた方が手っ取り早い。グラフィックボードにはサウンド機能も付いているので、HDMIで繋げば映像と音声がテレビに出力されるはず。というわけで、HDMI出力の付いたグラフィックボードの一番安いのを買って、古いPCへ載せることにした。

Amazonで探すと、「玄人志向」という、ちょっと怪しげな名前のメーカーの製品があった。「nVIDIA GeForce GT210 512MB DDR2 PCI-E」、3900円程度(注:現在は新製品に切り替わっています)。


[Amazon]玄人志向 グラフィックボード
(リンク先は最新の商品検索)

わしは、グラフィックボードの種類や性能の事はよく知らない。しかしどうやら、HDMI端子さえあれば良いという場合は、グラフィックボーの性能はあまり関係ないらしい。この一番安い品はクチコミを見るとまれにボード上のファンが故障することがあるようだけど、まぁ、外れて後悔するような値段でもないだろう。そんな乱暴な選び方で、決定した。

Pb262479

この写真は、パソコンの後ろ側の「PCI-Eスロット」。ここに、グラフィックボードの基板を差し込み実装した。作業はPC本体を開けることさえ出来れば簡単。写真は完成図。上側がHDMI出力端子。グラフィックボードにはもともと、D-sub、HDMI、DVIの3つの出力が付いていた。しかしスリムPCに取り付ける場合、先にD-sub端子を外して実装する。余ったD-sub端子は捨てても良いんだけど、せっかくなので右隣りのスロットに付けてみた。試してないけど、中で線が繋がっているので、D-subでも画像はちゃんと出るはず。

Pb262476

HDMIケーブルを挿入した。ちなみに、こんなに太いケーブルでなくても大丈夫です。行き先はREGZAのHDMI入力2

Pb250001

最初は解像度が640×480で表示され、グラフィックボード付属のドライバをインストールすればハイビジョンにできるようになる。すでに媒体をどこに置いたか忘れ、探す前に手が勝手にNVIDIAのサイトを探し当て、ネットからドライバをダウンロードした(笑)。冗談はさておき、ドライバはネットからダウンロードするほうが最新版が手に入るので、可能ならそうした方がいい。

インストール後、Windowsの画面設定で解像度をフルハイビジョンの1920×1200に変更。縦横幅が気にいらなければ、写真のような設定ソフトで調整する。

Pb250007

無事、REGZAにYahooのトップ画面が表示された。

Youtubeの1080pのハイビジョン映像も、当然、余裕で表示される。気のせいか動画がなめらか。

が、ここで問題発生。音声対応のグラフィックボードとREGZAをHDMIケーブルで接続しているので、Windowsの起動音などがオーディオのスピーカから出てくるはずなんだけど、PCの音が出ない

試しに、PCのヘッドフォン端子とテレビの音声入力をつないでみると音が鳴った。この接続の場合はPCからアナログ音声が出ないはずだ。どうやらグラフィックボードの音声機能が動作してなく、HDMI出力から音が出ていない様子だ。

とりあえず音は出るので、このままにして、あとで原因をゆっくり調べることにした。

・・・・・この問題で、しばらく悩むことになる。

快適化計画はまだ続きます。

玄人志向(くろうとしこうと読みます)なんて、まるで素人は手を出すなというオドオドしい名前が付いていますが、製品選択さえ間違わなければ安くて良い品だと思います。素人でもAmazonで普通に購入できます。

私が使用した製品は、最も安価ないわゆるエントリー品と呼ばれるもの。注意点は、「PCI-Eスロット(PC側の差し込み先スロット)が空いている」ことだけです。もっと高価なグラフィックボードだったらスロットを2個使ったり、別途電源接続が必要だったり、場合によっては電源ユニット自体を変えないといけないこともありますが、エントリー製品ならあまり気にしなくても良いと思います。

また、元々別のグラフィックボードが挿さっていて追加・交換する場合は、元のボードがnVIDIA製、または、AMD製のRadionと呼ばれる製品のどちらなのかを確認してください。追加・交換の場合は、同じメーカーのものを使用しないと、ドライバがケンカしてうまくいかないことがあるようです。


[Amazon]玄人志向 グラフィックボード
(リンク先は最新の商品検索)

[Amazon]HDMIでデジタル接続 マルチメディアに強いONKYOのAVアンプ

ご訪問ありがとうございます。こちらのクリックもお願いします

テレビ・PC 快適化計画 ハードディスク編

東芝REGZA Zシリーズは、市販のハードディスクをUSBケーブルでつなぐと、ビデオレコーダになる。これはテレビリモコン快適化計画で、ぜひ使いたい機能のひとつ。早速ハードディスクを買った。

Pb272485

写真が購入したハードディスク(BUFFALO USB2.0 ポータブルハードディスク 320GB)。内容物はこれだけ。確か説明書も入っていたが行方不明(笑) いつものとおり説明書は読まない。

Pb272486

このように超小型。iPhone4と比較して一回り大きいくらい。この製品は、容量が320GB~1TBまであり、電源不要。USB端子とディスクをつなぐだけなので、誰でも配線できる。それと、本体色が黒以外に白や赤があり、外観がテレビに合わせられ、テレビ周りに線が絡まずキレイに整理して配置できるので、インテリア的に良い。

ただ、REGZAのUSB端子が、なぜか1メートルくらいの高さの場所に付いていて、付属のUSBケーブルが短かくハードディスクが吊り下げ状態になる。これだと危ないので、市販のミニUSBケーブル(1.5メートル)、1500円程度で売っているものに交換した。

Pb272489

写真はREGZAのリモコンとハードディスク。つなぐと、録画予約から再生まで全部が、テレビのリモコンで操作できる。操作はデジタルのビデオレコーダーと何ら変わらない。5000円で、高性能HDDビデオレコーダーを買ったようなもの。東芝さんのビデオレコーダーは売れなくなるだろうなぁ、と余計な心配をしてしまう。

快適化計画はまだ続きます。

最近は、Amazonの電子機器も品ぞろえよくなり、値段も安くなっています。Amazonはローソンで代引受け取りできるので便利。

[Amazon]BUFFALO エントリーモデル ポータブルHDD 500GB HD-PV500U2-BK/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

[Amazon]BUFFALO 東芝製<レグザ>対応 テレビ用ハードディスク1.5TB HD-AV1.5TU2/A

[A-PRICE]液晶テレビカテゴリー

ご訪問ありがとうございます。こちらのクリックもお願いします

テレビ・PC 快適化計画 スピーカー接続編

※この記事は2014年1月現在で販売されている製品を踏まえて書きなおしました。

最近流行の本体が薄いテレビ。本体が小さくなるに伴い音質が悪くなってしまった。

そこで、音を外部スピーカーで聞こうと、旧型ミニコンポを通してスピーカーにつないでいた。

そして、先日テレビをREGZAに変えた。同じように音をこのスピーカーで鳴らすようにすると、ボリューム調整をアンプでしなきゃいけなくなってしまった。(本来オーディオ出力はそうなんだけど、いままではなぜかテレビ側でボリューム調整ができていた) 子どもが、「このスピーカー、テレビのリモコンでボリューム調整できないからイヤ、とわがままを言う。

いやいや、スピーカーの音とテレビで鳴る音を比較したら、ボリューム調整ができないことなんて、たいしたことではないだろう。なんて音のわからない子どもなんだ・・・、

と言うのはさておき、仕方ないので何とかするか・・・。

Pb250014

>BOSE製101MM

ちなみに、このスピーカーは残念ながら2014年現在は販売されていません。しかし在庫品や中古品も人気があります。また、これより少し大型の201V、または、小型の161も良いと思います。

この下に、ボリューム調整をテレビやオーディオのリモコンで行う記事がありますが、その場合、スピーカー内にアンプやボリューム端子が内蔵されていないものが必要です。

BOSEスピーカー

 

そんなわけで、我が家のテレビ・PC快適化計画がスタートした。快適化計画とは、テレビ・PCなどの画像をREGZAで、音はオーディオで再生し、それをテレビのリモコンで操作できるようにすること。

まずはアンプを買うことにした。今から買うのだから、全部の機器をHDMIでデジタル接続できるアンプにしよう。早速、テレビのリモコンでボリューム調整ができるアンプを探した。残念ながらBOSEのアンプはダメ。ONKYO、pioneer、DENON、YAMAHAなどが販売している。その中でONKYOは、韓国のPCメーカーを買取ったりして、パソコンとオーディオの融合に力を入れている。アンプの品種も多く、また優しい価格の製品もある。

Pb252473

購入したONKYO製SA-205HDX アンプ単独で約3万円。ちょっと高い。しかし、この値段だけの性能はあるらしい。(これは2010年ころ販売されていた旧型です。最新型はWIFIやbluetoothにも対応しています。)

さっそく開封後、とりあえずスピーカーを接続した。わしは、こういう電気製品を買ってもほとんど説明書は読まない。しかし、さすがにテレビをどう接続するのか分からない。説明書を読むと、HDMIケーブルでアンプの「出力」と、テレビの「HDMI入力1」をつなぐように書いてある。直感的な接続とは逆なんだけど、「ARC機能」というのがあって、テレビの入力からアンプの出力に向かって音や、リモコン信号が流れるようになっているようだ。テレビが、ARCに対応していない場合は、光ケーブルでテレビの出力とアンプの入力の接続が必要。要するに、テレビが、ARCか光ケーブルのどちらかが使えるものでなきゃいけないってことのようだ。

HDMIケーブルをつなぐと、テレビにアンプの設定画面が表示されるようになる。早速テレビをHDMI1に切り替えると、パソコンのBIOS設定のような全部英語の画面が表示された。アンプの小さな表示で設定するよりはるかに楽だ。まずは、アンプのARC設定をオンに変更。これでテレビの音声が、アンプ経由でスピーカーで鳴るようになる。

Pb252472

音を聞いてびっくり。「何ということでしょう! アンプを変えるだけで、こんなに音が変わるです!」 このアンプ、値段だけの性能があると言われるわけだ。これまで、スピーカーの性能を10分の1も生かしていなかったとを思い知らされる。

さて、テレビのリモコンで動くかどうか。

・テレビのスイッチオンするとアンプも一緒にオン!
・テレビのスイッチOFFするとアンプが勝手にOFF!

これは快適です。そして、ボリューム調整ボタンは・・・、

・テレビのリモコンでボリュームアップ! アンプのボリュームが大きくなった!

そういうわけで、REGZAの音は格段に高音質になりました。ちなみに、テレビのスピーカーでは同じように聞こえた「何とか格付けチェック」のオーケストラの音が、AとBではっきり違うのが分かります。

これで、リモコンで音量調整できるので、子どもの苦情がなくなります。第1回快適化計画は大成功。これで調子に乗ったわしは、さらにパソコンも快適化計画に組み込んでいきます。

快適化計画は次回に続きます

※重要な注 東芝のREGZAとONKYOのAVレシーバで動作確認しています。それ以外のテレビや対応アンプでも同じようにできると聞いていますが、やりたい方は自己責任にてよろしく。

[Amazon]マツダスタジアムでも採用されている高性能BOSEスピーカー
今回の記事と同じことが行いたい場合は、スピーカーにアンプが内蔵されていないものを選んで下さい

[Amazon]マルチメディアに強いONKYOアンプ

ご訪問ありがとうございます。こちらのクリックもお願いします