« 2013年11月 | トップページ

2013年12月

JALの東京便が快適すぎる件

A

先週末、某イベントに参加するために東京へ行ってまいりました。

今回、15年ぶりくらいにJALを利用したのですが、これが思った以上に快適でした。
のぞみが早くなってからは、東京へは新幹線で行くことが多くなり、ディズニーランドに行く時だけは飛行機の方がかなり便利がいいのでそうしましたが、JALって過去に色々あったので、なんとなくANAを利用していました。
 
でもね、このJALの快適さを、もっと早く知っていたら良かったと思います。
 
ちなみに、広島-羽田間の飛行機の始発は、ANAが7時35分、JALが5分遅れて7時40分です。この2便のお客さんですが、おそらくみなさんも私と同じようなことを考えているのでしょう。ANAの方が圧倒的に多いんです。
 
実際に使用される飛行機も、ANAは405人乗りのB777-200型で、ほぼ満員。JALは165人乗りのB737-800型で、搭乗率は5割位です。人数割合にすると、4対1くらいでしょうか。
 
 
両方に乗った感想ですが、わたしはJALの方が圧倒的に快適だったですよ。いくつかその理由を書いてみますね。
 
 
1.直前に、隣が空席の場所に座席変更
 
空港へ向かうリムジンバスの中で、スマホで座席指定を変更をしてみました。どうしてかというと、予約時やその後しばらくは、指定できる座席が後ろの方に限定されています。しかし、乗る当日ならば、空席になっている全部の座席の中から選ぶことができます。
 
そして、ここで、3人がけの席が全部空いている箇所を探しました。3人がけに一人で座るととても広いですし、コートやカメラなどを隣席に置くことができます。1時間程度と考えれば、下手にクラスJ やプレミアムシートを買うよりも快適です。ここで、先ほどの搭乗率です。少ないっていいですね。東京への往路、復路とも3席空いている場所に一人で座ることができました。この座席変更は、空港の搭乗カウンターでも可能だと思います。
ちなみに、同じことはANAでも可能です。でも、3席空いている場所があるのはJALの方が明らかに可能性が高です。変更ができなければ、最初に指定された後ろの方の座席に座ることになります。
 
 
2.手荷物が快適
 
手荷物を預ける場合、出発空港で手荷物カウンターに預け、到着空港でベルコンベアで運ばれてくる荷物を受け取ります。私が感じたのは、JALのお客さんは飛行機に慣れている方が多いのでしょうか、機内持込みできる大きさのキャリーバッグを持って預けず機内持込される方が多いようでした。私は2泊以上の時はキャリーとは別にPCの入ったカバンを持っていくので、キャリーは預けなきゃいけません。ですが全体的に預ける人が少ないせいか、とてもスムーズでした。
 
さて、広島の朝一便に乗ると、羽田には上記の通りANAのほうがJALよりも先に、両便とも9時前に到着します。
でもね、荷物を預けていると到着してからが長いんです。ANA便の場合は飛行機に乗っている人数が多いですし、更に預けている人も多いです。以前、ディズニーランドに行った時は、手荷物受取場から出た時刻が9時半で、リムジンに乗ったのは9時50分でした。今回は、なんと9時15分には、すでに京急の電車に乗っていました。
 
たいした時間ではないかもしれないですが、もし、ディズニーランドに行く場合は、ここの30分ロスは大きいですよね。
 
 
3.搭乗口と出口が快適
 
搭乗する人が少ないというのは、空間が広くなります。後ろの方の座席だと、入口から座席まで時間がかかりますが、JALの使っているB737-800型は、そんなことを気にするような乗客数ではないので、スムースに出入りできます。飛行機ってあまりにもガラガラだと、どことなく不安になる所もありますが、適度に色々な方が乗っているのでそんな感じはありませんよ。
 
 
4.安い! 早い! 快適!
 
【安い!】先日、「東京へ出かける方へ朗報」でもご紹介しましたが、JALのダイナミックパケージを使うと、とても安く東京へ行くことができます。出発の21日以上前に予約すると、広島からだと往復旅費とホテル代込みで1泊28,000円、2泊32,000円程度です。2泊の料金がでEX予約の新幹線往復料金(宿泊は別途)とほぼ同じで、まぁ言ってみればタダで2泊できるような感じです。
 
【早い!】上記の通り、飛行機への出入りと、手荷物受取が早いです
 
【快適!】これは、総じて快適です。ちなみに、飛行機内のサービスは、ANAとJALとで、特に違いは感じませんでした。
 
 
 
 
 
ダイナミックパッケージの予約は・・
 
JALを利用するダイナミックパッケージの予約方法は色々ありますが、主なものは2種類です。ビジネスユースや東京中心部の観光だと、楽天ポイントの貯まる楽天トラベルの楽パックが便利です。ちなみに、楽天トラベルさんではANAのダイナミックパッケージも予約が可能です。

楽天トラベル JAL楽パック/ANA楽パック

 

ディズニーリゾート+JALをダイナミックパッケージで予約される場合は、 「JALパック」を利用すると便利です。JALパックだと、羽田~ディズニーリゾート間を、無料のマジカルファンタジー号で往復することができます(JALパック予約完了画面より別途マジカルファンタジー号の予約が必要です)。

JALパック

 
もし、マジカルファンタジー号の予約が取れない場合は、航空券と同時に必ず羽田発のリムジンバス予約をして下さい。次のリンクから予約すれば、バス料金は乗車当日払いも可能です。もし、予約しないで羽田に到着してからリムジンバスのチケットを買うと、最高2~3時間待ちとなります。
 

広島ブログ
広島ブログ
-----------------------------------------------------------------------------------

ブーツにもなるCROCSの温かいカジュアルシューズ

先日出席いたしました某イベントの「じゃんけん大会」で、冬に履くCROCSをGETいたしました。

すごく欲しかったんで、とてもうれしいです。そういうわけで、早速ご紹介します。

Img_2292

今回GETしましたのは、「クロックス ブリッツェン コンバーチブル」 です。写真のように、
袖口の部分(「カフス」って言うんだそうです)を出したり折ったりすることで、カジュアルシューズとブーツに変身します。

Pc230051
Pc230035

左側がカジュアルシューズ、右がブーツにして履いたところです。突然寒くなったり雨が降ってきたときに、
すぐにブーツに変身させることができるので便利です。

ちなみに、背景に時々写っているクロックスの他のシューズは、全部、以前に買って家族で履いているものです。

私は家履きのスリッパまでクロックスにするくらい、クロックスが気に入っています。

Pc230040_2

こんなふうにデニムに合わても良いですね。もう少し紐をきちんと結べば、見た目は普通のブーツと変わらないと思います。
そして、わたしはこれがクロックスの一番良い所だと思うのですが、履いているときのブーツの締めつけ感が全くなくて、
足に履物をがあること感じさせない軽さと感触がとてもうれしいです。

■「カワイイ感」がなんとも良かったり悪かったり

Img_2304

この写真は、出席した某イベントで、同種の赤色を参加者の方が履かれていたところを撮ったものです。
ライニングの白色と靴底のクリーム色、そして足の甲の部分の黒色とストッキングの色が、絶妙にマッチしてます。

女性の方々からは、「カワイイ」「カワイイ」という声が上がっていました。

Pc230050
Pc230048

カジュアルシューズモードは、フカフカの「ライニング」とリボン結びの紐が目立って、ブラウン色でも「カワイイ感」が強いです。
なので、カジュアルシューズとしての使い方は、男性ではなく女性や若い方向けかもしれません。
せめて、前側のライニングだけ隠して紐が見えるようになれば、落ち着いて見えると思います
(前をあげて無理やり紐を結ぶこともできるのですが、靴が痛みそうなので今のところ、やってません)。
また、黒色だったらライニングも同色なので目立たないかもしれません。

カラーは黒、赤、青、ブラウンの4色あります。また、サイズは22センチから1センチ刻みで男性用が
31センチまで、女性用は28センチまでです。公式サイトには「実寸のままのサイズをお勧めします」と
書かれています。私は普段26センチで、GETしたのは27センチでした。若干ブカブカ感がありますが、
普段、大き目サイズのクロックスを履いているのと変わらない感じです。革ブーツのようなピッタリ感が
あったほうが良い方は、ピッタリのサイズが良いと思います。

Pc230054

初期のクロックスサンダルは、靴底がすり減って、早く履けなくなることが多かったのですが、最近では
靴底だけ、若干硬い材質の樹脂でできているものがあります。このシリーズもそうです。よく見ると、
若干色が違うのですがわかりますか?

■クロックス公式サイトで秋冬商品30%オフ!

なんと! そうなんだそうです。ネットショップって、気のせいか探したらいくらでも安いサイトがありそうなもするんですが、
でも、本当にホンモノが来るかとか・・・・・、いや、公式サイトがこれだけ安ければそんな心配もないのでありがたいですよね。

【クロックス公式サイト】ブリッツェン コンバーチブル

広島ブログ
広島ブログ
-----------------------------------------------------------------------------------

« 2013年11月 | トップページ